ACTUAL INTRODUCTION

クラウド・周辺機器と連動、高機能カーナビゲーションシステムの開発(2-車載)

企業名:大手車載機器開発企業

  • システム開発・品質検証

開発したサービス

  • 自動運転・車載システム(車載)

概要

Android、Linuxを基本システムとしたカーナビゲーションのアプリおよびフレームワークを開発し、要件定義から評価工程まで、すべての工程を網羅しました。
また、近年はスマートフォンと連携したり、通信機能を備えた製品も多く、新しいサービスの企画にも参画しています。

開発の背景

同じ立場、同じ志を持ってプロジェクトを推進してくれるパートナーを探している

単なるアプリ開発だけではなく、いかに短期間で高品質な製品を作り出すことができるかを、お客様と一緒になって課題解決に取り組んでくれるパートナー企業を探していらっしゃいました。
時にはお客様の開発体制に対しても意見を出してくれる、枠に捕らわれない抜本的な解決策を提案してほしいとの要望でした。

アプローチ

開発体制の立て付けや開発の枠も超えた領域へのご提案

企画の段階から参画させていただくなど、仕様・開発・評価と各工程を担当するチームに参画することで、情報の相互提供の円滑化を促進しました。
また、アプリ共通部品を作成したり、ひとつの機能をドライバーからアプリまで一括開発を行うことでデバッグ時の無駄なやり取りを削減するなど、縦軸、横軸両面から開発をサポートしました。

施策による効果

開発期間の短縮やコストダウンに貢献、将来につながる体制構築にも寄与

情報の連携により、仕様漏れ防止、開発速度向上の効果が具体的に現れました。
また、メンバー間のコミュニケーションが増加し、目的やゴールイメージを共有することができ、お客様を含めた強固な体制を構築する副次的な効果もありました。