SERVICE/SOLUTION

運用自動化ソリューション「AMAOS」(8-AMAOS)

  • システム運用・保守・自動化

ZabbixとRPAツールによるお客様に最適な運用自動化ソリューション

運用自動化ソリューション「AMAOS」は、システムの統合監視ソフトウェアZabbix、OSSの自動化プラットフォームAnsible、システム自動化フレームワークソフトウェアROBOWAREを組み合わせ、お客様に最適な運用自動化をご提供するソリューションです。

Zabbix、Ansible、ROBOWARE

こんなお客様に

  • 複雑な監視体制や障害対応のコストを削減したい

サービスの特長

Zabbixとの連携により、障害発生時の即時対応が可能

Zabbixの障害検知・警告と連携し、AnsibleでのPlaybook実行やROBOWAREの実行を行うことで、障害発生時・復旧後の各種作業に自動で対応します。

Zabbixがサーバーの障害を検知し、AnsibleやROBOWAREと連携して障害発生時・復旧後の各種作業を行います。

マニュアルに沿ったミスのない作業の実現が可能

障害発生時・復旧後の作業については、各障害に対する対応を1対1で設定することができるため、設定ミスや選択ミスが生じません。

ミスのない作業を実現します。

お客様の業務内容、環境に合わせた開発が可能

ROBOWAREは開発型RPA(Robotic Process Automation)のため、実際にお客様が使用されている環境や手順に合わせた対応が可能です。

現行環境・手順への影響は最小限に運用自動化を実現します。

障害対応・復旧対応だけでなく、様々な定常作業の自動化が可能

ROBOWAREは日時や時間、週サイクルを指定しての実行も可能です。実行スケジュール設定と画面表示認識の操作設定により、資料作成などの定常業務の自動化が可能になります。

設定サイクルで自動実行することで、定常業務を自動化できます。

スモールスタートからの拡張も可能

ROBOWAREはお客様のご要望に合わせて、スモールスタートから対応し、自動化要件や操作対象台数を拡張していくことが可能です。

自動化要件や操作対象台数に合わせて拡張することが可能です。
  • 製品仕様

    サービス名 AMAOS ~Auto Monitoring and Auto Operating Systems~
    提供サービス Zabbix・Ansible・ROBOWAREの企画提案、導入、開発、保守
    利用価格 Zabbix×Ansible 導入:150万円~
    保守:40万円~/年
    Zabbix×ROBOWARE 導入:500万円~
    保守:50万円~/年
  • 利用イメージ

    AMAOSによって、これまでサーバー管理担当者やオペレーターが行っていた作業に自動的に対応することが可能になります。

    AMAOSを導入することで、サーバーの障害発生から復旧後の処理まで自動化することが可能です。
  • 正規代理店・販売店一覧

    セールスインテグレーションパートナー

    株式会社イーセクター

    株式会社イーセクター(別窓で開く)

    〒150-0022
    東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル8F

    TEL 03-5789-2443

  • 「ROBOWARE」は、株式会社イーセクター(ESECTOR, LTD.)の製品です。
  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。