ABOUT

ご挨拶
<社長メッセージ>

    • 2022年5月11日
      代表取締役社長
      三浦 賢治

お世話になっております。
代表取締役社長の三浦賢治でございます。

当社は2022年4月より第41期に入りました。

多くのお客様、お取引企業様、株主様に支えられ、そして、素晴らしい社員に恵まれているからこそ今のシステナがあることに、改めて感謝いたします。
誠に有り難う御座います。

さて、我々を取り巻く世界情勢は新型コロナウイルスに加えて、ウクライナでの紛争の影響もあって、より不安定かつ不透明な状況であります。
世界規模で進んだ分業化がもたらす逆流は、インフレ化の大きな波となって押し寄せる様相を呈しており、足元の経済状況にも多大な影響を与えてくるであろうと予測されます。

その様な状況の中で推進していた第二次中期経営計画ですが、想定される経営環境に対応したオールシステナの経営資源の再配置と投資計画を織り交ぜた骨太の計画に再編成し、2025年を最終年度とする中期経営計画に刷新しました。
主力4セクターはそれぞれ事業の強みを最大限に活かしつつ連携し、また、投資計画についても進取性と特徴を持たせて、ニューノーマルの世界に向けた新たな一歩を力強く歩みだしております。

システナはこれまでの40年の歴史で培った経験、知見、KnowHowを活かして時代の変化に柔軟に対応してまいります。
お客様や株主様のご期待に真摯にお応えしながら、様々な改革と、より将来性と付加価値の高い事業への転換を図るとともに、常に時代の半歩先を行くオールシステナの魅力ある成長エンジンを創造してまいります。

今後も「基本に忠実に」業務に取り組み、お客様の事業をしっかりとご支援し、日本経済を底辺から支えてゆく所存でございます。
「経営理念・行動基準」に掲げている通り、「世の中にエナジーを与えるため」「誰かをハッピーにするため」に、これからも全社一丸となって取り組んでまいります。

益々進化するシステナに、どうぞご期待ください。