仮想化、クラウドによる企業インフラの実現にあわせて、あらゆるシステムに柔軟に対応できるストレージ環境をご提案します。

ストレージ仮想化とは

従来インフラの運用において、ハードウェアの制限は避けて通れませんでした。ところが、仮想化技術の普及により、インフラのリソース(ハードウェア)と管理・運用(ソフトウェア)は分離され、特にサーバーではハードウェアの制限を受けない運用が当たり前の様になってきました。ストレージ仮想化のテクノロジーは、ハードウェアリソースを抽象化し、リソースプールを作り、仮想のストレージデバイスをホストに提供します。これにより、ストレージインフラはリソースと管理・運用が分離され、従来考えられなかった多くのメリットをハードウェアの制限を受けずに提供することができます。

仮想化、クラウドの普及によるストレージ要件の変化

仮想化によってインフラのライフサイクルが長期化、IAサーバーの高性能化、メモリの低価格・大容量化によって、仮想マシンの集約率は向上します。仮想マシンの集約率が向上することで、ストレージへのI/O負荷が増大し、一方で、データも際限なく増加。仮想化によって、インフラの拡張や構成変更が容易になり、短期間でストレージ要件も変化します。

仮想環境のストレージ要件が短期間で多様化していることで、制約の多いハードウェアによるストレージ構成ではなく柔軟に対応できる「新しいインフラ」が必要。

サーバー仮想化とストレージ仮想化

サーバー仮想化ソリューション

サーバーハードウェアをハイパーバイザーが抽象化

"[仮想マシン]ハードウェア非依存、サーバーリソースの有効活用、ライフサイクルの影響を受けない運用 [ハイパーバイザー]サーバーリソースを仮想化 [ハードウェア]サーバーリソース (CPU、メモリ等)
"

ストレージ仮想化ソリューション

ストレージハードウェアをハイパーバイザーが抽象化

[仮想マシン]ハードウェアに依存しない柔軟な運用、ストレージリソースの有効活用、ライフサイクルの影響を受けない運用 [ハイパーバイザー]ストレージリソースを仮想化 [ハードウェア]ストレージリソース (ディスク等)

ストレージハイパーバイザー(ストレージ仮想化)の構成イメージ

仮想化によってストレージをハードウェアから分離

  • ストレージ仮想化による管理レイヤーを作ります。
  • HWストレージの機種を超え、リソースを集約し、再配分します。
  • 従来のコントローラの壁を越えた、柔軟なボリューム、リソース管理を実現します。

ストレージ仮想化による管理レイヤーを、個別のストレージと関連性のない仮想ディスクに配分します。また、コントローラは単なるリソースとして、ストレージを利用します。(SAN Symphony-V)

ハードウェア中心のストレージインフラから、データ中心のストレージインフラへ

SAN Symphony-V のストレージ仮想化技術

[リソース]Windowsに対応する全てのストレージが、LUNを作成 [データコアサーバー]IAサーバーをプラットフォームに採用(Windows OSが認識/Rawのまま利用) ソフトウェアによるストレージ仮想化(仮想プール内でリソースを集約) [仮想ディスク]仮想プールから最大1PBの仮想ディスクをHostに提供(Thin Provisioning) Windowsを経由しないフルブロックのI/O

ストレージ筐体からも、サーバープラットフォームからも、オペレーティングシステムからも、すべてのリソースから解放された真のストレージ仮想化を実現。

SAN Symphony-V のシステム構成と機能

システム構成例

1. インバンド(全てのI/Oは、データコアサーバーを経由し、大容量キャッシュによって高いI/O性能を引き出します) 2. エージェントレス 3. ストレージ接続(内蔵、SAS、iSCSI、FC等での接続が可能です) 4. HA構成(ストレージを完全に2重化します) 5. マルチパス(HAと組み合わせ、パスを切り替えます)

機能一覧

仮想ディスクプール
異なるストレージのリソースを仮想のディスクプールで統合。複数の仮想ディスクプールを作ることで、部門ごと、サーバーの用途ごと、性能や価格などのリソースごとなど、任意のグループごとの管理が可能。

シンプロビジョニング
最大1PBの仮想容量をHostに提供。割り当て過ぎたリソースをプールに戻すリクラメーション機能を実装。また、新たに仮想ディスク単位でリソースの予約が可能。

リソースの自動階層化
仮想ディスクプール内で、I/Oの頻度に応じて最適なリソース上に配置。最大15階層まで定義が可能。また、仮想ディスクのプロファイル設定により、任意の階層のみを利用することも可能。

同期ミラーリング (HA)
DataCoreサーバー2台で構成し、簡単に2重化(HA)を実現。自動のFailoverでI/Oを止めることなく運用することが可能。物理的に分割された2重化なので、ロケーションがフリー。

リモートレプリケーション (DR)
非同期で遠隔地にデータを転送し、簡単にDR環境を構築。拡張機能である、Advanced Site Recoveryと組み合わせると、双方向の転送が可能になり容易なリカバリーを実現。

継続的データ保護 (CDP)
SNIA準拠のCDP機能。データの更新を全てログし、簡単に保存期間内のロールバックを実現。最長48時間まで、仮想ディスクの状態を戻すことが可能。

スナップショット
差分 / 完全複製が可能なバックアップ機能。簡単にポイントインタイムの仮想ディスクイメージを取得。バックアップだけでなく、スプリットしてテスト、検証、分析など様々な用途で利用可能。

仮想ディスクの移行
既存ストレージからの移行機能Pass-Through Diskを標準で搭載。最小のダウンタイムで移行を実現。また、プール内のミラー機能を使い、オンラインで物理リソースの入れ替えも可能。

SAN Symphony-V で実現するデータ中心のストレージインフラ

[I/O状況の可視化と簡単な運用、コストとリソースを最適化、HWから運用を分離、IAサーバーとソフトウェアで仮想化] ⇒ [共有ストレージのコスト最適化(スモールスタート)、共有ストレージのI/O性能対策(ボトルネック解消)、共有ストレージの無停止運用(メンテナンス含む)、共有ストレージの柔軟性と弾力性(後から拡張)、継続的なインフラ運用(HWリプレースの影響無し)]

製品仕様

SANsymphony™-V ハードウェアシステム要件

CPU 2 Single Core
1 Dual Core (2.0GHz)
Memory 4GB Ram
Disk 20GB Free Space
Display XGA (1024 x 768)
Network 1Gb/s (or faster)
Storage IF 2FC or 2Ether (iSCSI)

SANsymphony™-V ソフトウェアシステム要件

Complete Windows Server 2008 R2 (Full)
Server Windows Server 2008 R2 (Full / Core)
Console Windows Server 2008 R2 (Full), Windows Vista, Windows 7

関連ソリューション

ITプロダクト販売

システナリンク(B to B購買システム)

IT環境アセスメントサービス

サーバー仮想化ソリューション

事業継続・災害対策ソリューション

ストレージ仮想化ソリューション

クライアント展開サービス

シンクライアントソリューション

認証基盤ソリューション