社内サーバーの見える化&統合提案を実現し、企業のIT戦略立案における基礎情報の収集と戦略実現をサポートします。

分析からプランニングまで一貫してご提供
企業のIT戦略において、日々増加するサーバーの管理とその保守管理費の削減は重要なポイントのひとつと言えますが、現状リソースの把握と機器導入による効果測定は漠然としています。IT環境アセスメントサービスでは、お客様のIT環境を「調査」「データ収集」「分析」し、個々の環境を「見える化」することで、お客様に最適な状態を「プランニング」します。

仮想化?クラウド?リプレース?どうすればいいの?

こんなお客様におすすめ!

  • いきなり電力の削減といわれても…
  • 仮想化すると本当にサーバーが減るのか検証したいけれど…
  • そろそろクラウドに移行すべきかどうか…
  • 古いサーバーのリプレースもしたいし…

限られた予算の中でどこから手を付けていけばいいのか…

自社の環境に不明な点がある担当者様に、最適な環境を提案します。

アセスメントサービスで「IT環境の見える化」を実現!

1 ITリソースの活用状況を可視化し、実態をレポートします。

貴社のサーバー環境を調査し、使用率・利用傾向を「見える化」します。

2 最適化された移行プランをご提案します。

調査結果を基に個々のシステムの最適な「持ち方」をご提案します。

3 サーバーの台数と管理コスト、双方の削減を実現します。

リソースの活用上状況を解析し、サーバー統合・仮想化の効果を定量的に評価します。

システナがご提供するアセスメントサービスとは?

1 サーバーのハードウェア&ソフトウェア情報をリモートで自動収集

各サーバーのOS、実行中アプリケーション、サービス、パッチレベル、CPU、メモリ、ネットワーク、ディスクリソースなどの詳細情報を自動収集します。

2 収集されたデータから統合・仮想化効果をシミュレート

収集されたデータから統合効果をシミュレートし、最適な仮想環境構成をフィードバックします。

時間軸によるリソース使用状況を可視化し傾向をより詳細に把握することで、対象サーバー特有の時間帯によって変動する利用傾向を考慮した最適配置を実現します。

導入前後のサーバーの消費電力をシミュレートし、グリーンIT効果を明示します。

サーバーの情報を数週間~1ヶ月程度モニタリングし、分析・レポートから最適な配置を提案します。(※お客様のサーバー環境の全台を調査するものではありません。詳しくは各担当営業までお問い合わせください。)

導入事例:実際にアセスメントを実施されたお客様の声

お客様の目的

  • 仮想化によるサーバー統合をより効率良く確実に行いたい。
  • 使用率を把握し有効活用したい。
  • コスト削減と可用性向上を行いたい。

例:既存環境(サーバー7台)を調査し、最適な統合環境(サーバー2台と共有ストレージ1台)を提供します。

お客様のアプローチ

  • HPとVMwareによるサーバー統合
  • サーバー統合によるリソースの最適化
  • HP P2000による共有ストレージ構築

システムの効果

  • 統合効果によるシステム全体の最適化と運用のシンプル化
  • 様々な障害シーンに対応できる可用性の向上・システム投資の最適化

ビジネスへの効果

  • ダウンタイムが限りなく短い時間(再起動時間のみ)での業務継続が可能。
  • IT投資の無駄を省き、ITインフラ全体のTCO削減
  • サーバーなど物理機器の設置スペースと消費電力を大幅に削減

関連ソリューション

ITプロダクト販売

システナリンク(B to B購買システム)

IT環境アセスメントサービス

サーバー仮想化ソリューション

事業継続・災害対策ソリューション

ストレージ仮想化ソリューション

クライアント展開サービス

シンクライアントソリューション

認証基盤ソリューション