ITエンジニアのキャリア形成の流れ

キャリア形成の流れ

システナに入社すると、「研修・OJT」から始まり、「システム開発担当」、「初級システムエンジニア」とキャリアを積んでいきます。そこから先はそれぞれの希望と適性に合わせ、「マネージャー」、「上級システムエンジニア(コンサルティングSE、ITアーキテクト)」、「スペシャリスト」の大きく3つに分かれていきます。また、「マネージャー」と「上級システムエンジニア」に関しては、さらに細かなキャリアステップが設定されています。

マネージャー、上級システムエンジニアのキャリアステップ

シニアエンジニア(顧客要求に基づき基本仕様から設計・開発、品質検証の実施、メンバーへの指導を行うことが出来る。)から始まり、リソースマネジメント要素では、マネージャー(プロジェクト全体に関する総責任者のことを指す。必要な意思決定、およびプロジェクトに関する諸問題に対する判断を下すことが主な役割となる。)、上級マネージャー(事業計画と担当プロジェクトの包括的管理と提案型顧客折衝を行う。)とキャリアを積んでいきます。技術マネジメント要素では、エキスパート(顧客要求に基づき、作業見積もりからスケジュールを立てマネジメントを行う。品質に関する計画・実施・確認・判断・対策を立てることが出来る。)、シニアエキスパート(専門知識と高い技術力で顧客要求事項に対して効果的な提案を行い実施することができる。システム開発全般におけるマネジメントを行う。)とキャリアを積んでいきます。最終的には、部門長(会社の方針・目標・計画に基づいてビジョン・方針を打ち出し、目標設定・計画立案と実行・部下育成を行う。)へのキャリアステップが設定されています。

業務内容

マネージャー

経営観点に立ってプロジェクト全体のマネジメントを行い、顧客満足や売上・利益の確保、メンバーの成長を実現することをミッションとする。効果的なリソースマネジメントを行うことでプロジェクトを成功に導く。
(顧客・会社・社員の3者満足の達成がミッション)

上級システムエンジニア(コンサルティングSE、ITアーキテクト)

顧客ニーズに基づき、コンサル、見積り、計画立案、要件定義、仕様設計、品質管理、工程管理等のテクニカルマネジメントを行い、顧客に対して最適なシステムを提供する。
(顧客満足の達成がミッション)

スペシャリスト

テクニカル面での高い知識・経験・技術を所持し、課題解決にあたって最適な開発環境や開発手法の選定、開発時の技術課題の解決、新規技術の調査・活用・社内展開等を行う。
(技術貢献がミッション)