株主還元方針

当社は、株主の皆様に対する利益還元を経営の重要課題の一つとして認識しており、安定的で継続性のある配当に配慮し、業績に応じて行うことを基本方針としております。具体的には、各期の経営成績の状況等を勘案して、配当性向40%を目標に、株主の皆様への利益還元策を積極的に行ってまいります。

また、当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を基本方針としており、配当の決定機関は取締役会であります。

内部留保資金につきましては、今後予想される事業規模の拡大に対応すべく、人材育成の強化および事業拠点の拡大のために有効利用してまいりたいと考えております。

配当の状況

  1株当たり配当金 配当性向
(連結)
中間 期末 合計
平成29年3月期(予想)
第35期
18円 18円 36円 38.3%
平成28年3月期
第34期
16円 16円 32円 35.3%
平成27年3月期
第33期
15円 15円 30円 81.0%
平成26年3月期 ※2
第32期
15円 15円 30円 43.4%
平成25年3月期
第31期
1,500円 1,500円 3,000円 68.1%
平成24年3月期
第30期
1,300円 1,600円 2,900円 94.7%
平成23年3月期 ※1
第29期
1,300円 1,300円 2,600円 26.8%
  • ※1平成23年3月期の中間、期末の1株当たり配当金には、それぞれ合併記念配当を100円ずつ含んでおります。
  • ※2平成25年4月1日付で普通株式1株につき100株の割合で株式を分割し、100株を単元とする単元株制度を採用いたしました。